浮気の根拠を手にするには、最も確実な方法は探偵に浮気調査を頼む

浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、多くの場合は3~4日間です。

とはいっても、これはあくまで平均的な日数です。

パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあり得ます。

一方で、浮気するだろうという日が特定済みの場合は、1日で十分な証拠が集まることもあります。

浮気調査で肝要なのは、不倫相手の存在を明らかにする事です。

浮気の痕跡が確かでない場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。

不倫相手の存在が確かになればここで浮気相手が誰かを探ることとなります。

パートナーの日々の行動を追跡したり、見張りなどの方法も用いて、不倫相手の正体を確定させるのです。

食事をした際の請求書には飲食時の人の数が推測できてしまうように印字されている事がありますから、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。

加えて、支払いをクレジットカードでした時は月々チェックするようにします。

仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、浮気相手と宿泊したと見られることがあるのです。

尾行代金が時間によって設定されている場合、尾行をする時間が短い方が、お金がかからなくなります。

ですので、尾行を探偵にお願いするなら、相手の日々の行動を理解しようと観察することが大切です。

最も疑いのある時間帯や曜日に尾行をしてもらうと、探偵にも余計な手間をかけずに済み、双方にとって利益があります。

配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、あり得ないほど低い報酬額であったり、または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、追加の調査料を払わなくて済むような探偵事務所が望まれます。

その他、関係団体に届け出ているのか事前に調べておくべきです。

違法調査を実施しているところへは委託しない方がよいでしょう。

浮気の調査を探偵に任せ、歴然とした証拠が発見されれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。

信頼のできなくなったパートナーと一生共に生活することはストレスは相当なものになりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。

さらに、原因である不倫の相手に慰謝料の支払いが課せられれば確実に別れさせることもできるはずです。

一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査員の数によっても変わりますが、だいたい1時間あたり1万~3万円ほどです。

言うまでもありませんが、調査員が少数なら安く、多くなるほど高くなります。

そして、尾行時に移動に車やバイクを使用するケースでは、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認が大切です。

地図上の場所がわかる機械を用いて、良く行く場所を調べて、その近所をウロウロしていれば、パートナーが現れるはずですから、現場を押さえられると考えられます。

費用のご準備が十分ではないときには、地図情報システムで調査するのも、試してみたいやり方です。

位置がわかる機械が仕込まれていることが発覚することがあります。

探偵の一部はアルバイトの例があってしまうのです。

ビダンザゴースト
探偵のアルバイトを探してみると、求人情報が表示されます。

というわけで、探偵事務所がバイトとして採用することも多くの例があるということです。

浮気の調査をお願いする場合には、個人情報がないと調査のしようがないですよね。

ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、知った情報を誰かに話してしまうこともありえますよね。

探偵事務所調査を依頼し、浮気の証拠を掴む事が可能です。

配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。

けれども、浮気の証拠を自分だけで収集しようと思っても、相手に感づかれてしまうリスクが高くなります。

理由としては単純で、あなたの顔を覚えているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です