狩野の紀(おさむ)

離婚も辞さないつもりで、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。

しかし、単独で行くのは、揉め事を大きくする可能性があるので、止めておきましょう。

信頼する人に付いて行ってもらえば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。

心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、探偵等に依頼すると良いです。

興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、格別違うところが無いと言っても言い切れます。

共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな類似した仕事をしています。

ただ、差があるとしたら、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、個人は探偵に頼るようです。

浮気の調査を探偵に任せ、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。

パートナーが信用できなくなってしまうと一生を共にするのは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。

それと、原因となった不倫相手に慰謝料の支払いが課せられれば確実に別れさせることもできるはずです。

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいまでになることもあります。

離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。

それに、不倫した相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には必要なのは証拠です。

どの人からみても明らかな浮気の証拠が必要です。

浮気調査に対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」です。

実費とは具体的には交通費や写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査中の食費が加わることもあるみたいです。

時間給は、人数×時間で費用が算出されます。

短時間で調査を完了すると支払いも安くすみます。

信頼性の高い探偵事務所に出会う方法としては、口コミをチェックするのも有効です。

当たり前のことですが、その探偵事務所が管理しているウェブサイトに記載されているような口コミではなくて、全然関係のない掲示板や相談サイトに書かれているような口コミをチェックするといいでしょう。

その探偵事務所の一般の利用者による口コミの方が、ずっと信頼性が高いと言えるでしょう。

どのような服装か確認することで決定的な浮気の証拠を発見できます。

浮気をすることで、分かりやすく現れるのは変化していく服装です。

以前はファッションに対して無頓着だったのに、突然にファッションにこだわるようになったら注意が必要でしょう。

いつか浮気しそうな人や、もう浮気の相手がいるかもしれません。

浮気の裏付けをつかみ取るには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。

とはいえ、探偵への調査依頼は高額なので、誰でも容易に依頼することのできることではありません。

探偵さんへの浮気調査の依頼には、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所それぞれで調査料は変わってきますから、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。

探偵の場合には、怪しいと思われることを避けるために充分に用心しながら根気よく調べていきますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、まず身分を明かしておいて表立ってリサーチを行うようです。

すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、対象についての情報収集は興信所が上手いと、おおまかには考えられます。

どうしても探偵を雇うと料金が高いので、自分ですればいいと考える奥さんもいます。

テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、実際にやってみるとそう簡単ではなく、失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので簡単じゃありません。

相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかもしれないのです。

相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です