一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。

この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいと考えてください。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を用意しておきましょう。

どうにも入れ歯がしっくりこない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にぴったりくるのはインプラントです。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

義歯でも、見た目や使用感を要求する方に向いています。

例外はありますが、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

確定申告の一項目として、医療費控除はすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ヴィトックスα
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用がかさむことに尽きます。

ほとんどのケースは保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。

治療が終わっても、ずっと定期検診がある点も知っておく必要があります。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。

これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。

高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、インプラントと隣の歯の間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている可能性も考えられます。

自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

ろくに歯磨きもしないでいると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も左右されてしまうのです。

典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという段階を踏みます。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です