長沼が三宅

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それにとどまらず、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用面で、治療を躊躇する方もかなりいるようです。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることは十分可能になりました。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。

例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

今では、どこで手術を受けても大して痛くないのが普通です。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、治療に取りかかることをすすめます。

ここで重視すべきなのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。

歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
善玉元気ってどうなの?口コミや効果を徹底解析!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です