タカブシギでハナジログマ

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。

見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、インプラントだとカミングアウトしなければ義歯を入れたと気づかれることはまずないと思って良いでしょう。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って過ごすのが無難です。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

グライバルの口コミが凄い!効果は本当か?
日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくと良いでしょう。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけません。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりあごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療は決して不可能ではありません。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが圧倒的に多いです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です