ミニブタと草野マサムネ

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、差し歯は利用しようがないということです。

さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。

高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、当然ながらデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。

加えて、治療が失敗して障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。

まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

この点は、歯科医の技量や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。

一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。

自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。

虫歯がかなり悪化して、とうとう抜歯を迫られました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、最終的にインプラントを選びました。

自費診療なので、かなりの額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

インプラントで噛むようになり、しばらくして虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
モットンマットレス!今とても話題になっているみたいですね!!

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材から作られています。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

その全額が自費になるのが普通です。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です