田子だけどラビー

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食事の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足のせいといえるでしょう。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というのがだいたいの流れです。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
クリアネオの口コミや評判!真実を探ってみた!

虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代用となる義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するために不断のケアが求められます。

食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。

人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうると考えなければなりません。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

その点は、担当医の技量に加え、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、結局、治療してみるまで分からないということになります。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることはもちろんです。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるという点にも注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です