コリドラス・バレアタスとリベラ

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすれば海外で治療を受けることも十分あり得ます。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修を受けています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることに努めましょう。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。

インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

インプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは本当のことではありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。

そのため、MRI検査は問題なくできます。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。

インプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言っても保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。

もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送ってください。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

もぎたて生スムージーでダイエット効果を最大限発揮!
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です