長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、安堵するのはまだ早いのです

せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。

どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
ヴィトックスαの口コミ

差し歯は、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復がその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などはかなりマイナスに作用します。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思ってしっかり禁煙するべきでしょう。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

その点は、担当医の技量に加え、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。

これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医でないとできないなら、どこの国までも治療を受けに行くというのもありえます。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので術後の患者さんは、ほとんどが多少の違和感があるといいます。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、治療に取りかかることをすすめます。

チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です