治療を受けたい方のネック

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛さもあるのです。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

ほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

どうにもならない虫歯で、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的にインプラントを選びました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。

歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことを勧めます。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、留意すべき点もあるのです。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。

いくつか例を挙げると、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。

これには大変な手間と時間がかかりますから、技術的なコストもかかり、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていればかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というのが大まかなプロセスです。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり医療費を収入から引くサービスを受けられます。

確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、麻酔のために入院することはまずありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です